【注目商品】銀河の片隅で科学夜話

e-hon
タイトル 銀河の片隅で科学夜話
著者 全卓樹/著
出版社 朝日出版社
発売日 2020年2月19日
本体価格 1,600円
高橋源一郎さんご紹介(NHKラジオ「すっぴん!」2/28放送)、大反響!  大森望さん推薦! 「明晰でわかりやすく、面白くて叙情的。 科学と詩情。 ここにはSF100冊分のネタが詰まっている。」   一日の長さは一年に0.000 017秒ずつ伸びている。 500億年のちは、一日の長さは今の一月ほどになるだろう――  空想よりも現実の世界のほうがずっと不思議だ、と感じるような、 物理学者のとっておきのお話を22、集めました。  ・流れ星はどこから来る?  ・宇宙の中心にすまうブラックホール  ・真空の発見  ・じゃんけん必勝法と民主主義の数理  ・世論を決めるのは17%の少数者?  ・忘れられた夢を見る技術  ・反乱を起こす奴隷アリ  ・銀河を渡る蝶  ・飛び方を忘れた鳥にそれを教える…  真夜中の科学講座のはじまり、はじまり。  ほんのひととき、日常を忘れて、科学世界の詩情に触れてみませんか? 科学や文学が好きな人へのプレゼントにもぜひ。  「夜話と名乗ってはいるが、朝の通勤電車で、昼休みのひとときに、ゆうべの徒然の時間に、順序にこだわらず一編ずつ楽しんでいただければと思う。」――著者