【注目新刊】ピケティ以後 経済学と不平等のためのアジェンダ

e-hon
タイトル ピケティ以後 経済学と不平等のためのアジェンダ
著者 ヘザー・ブーシェイ/編 J・ブラッドフォード・デロング/編 マーシャル・スタインバウム/編 山形浩生
出版社 青土社
発売日 2019年1月28日
本体価格 5,400
空前の大ブームを巻き起こしたトマ・ピケティ『21世紀の資本』。
その余波、功罪、真価を経済学の最先端で活躍する論者が問い直す。
24人の論者が各視点から行った考察に加え、それらに対するピケティ自身の応答が収録されている。
経済学者による待望のピケティ分析本。