【ご予約受付中!】白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記

e-hon
タイトル 白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記
著者 小野不由美
出版社 新潮社
発売日 2019年10月12日
本体価格 710円
王だからこそ戴国(ここ)を守りたい。 民が幸福に暮らす国となるように。 民には、早く希望を見せてやりたい。 国の安寧を誰よりも願った驍宗(ぎょうそう)の行方を追う泰麒(たいき)は、つい に白圭宮(はっけいきゅう)へと至る。それは王の座を奪い取った阿選(あせん)に 会うためだった。しかし権力を恣(ほしいまま)にしたはずの仮王には政(まつりご と)を治める気配がない。一方、李斎(りさい)は、驍宗が襲われたはずの山を目指 すも、かつて玉泉として栄えた地は荒廃していた。人々が凍てつく前に、王を捜し、 国を救わなければ。──だが。