【注目新刊】MMTによる令和「新」経済論

e-hon
タイトル MMTによる令和「新」経済論
著者 藤井聡
出版社 晶文社
発売日 2019年10月28日
本体価格 1,600円
「政府の赤字は、民間の黒字である」「自国通貨建てで国債を発行する限り、財政破綻はしない」「経済活性化のためには政府による積極的な財政拡大が必要」経済学の常識を覆す主張で、いま世界で大論争を巻き起こしている「現代貨幣理論」(MMT)。はたしてMMTは異端のトンデモ経済理論なのか? それともデフレ脱出・経済復活の切り札になるのか? 前内閣官房参与で、アベノミクスの問題点を知り尽くした著者が描く、実践的MMT理論入門にして、日本経済再生のシナリオ。緊縮財政、消費増税、長期デフレに苦しむ日本経済を復活させる道がここにある。