【注目新刊】琉球という国があった

e-hon
タイトル 琉球という国があった
著者 上里隆史/文 富山義則/写真 一ノ関圭/絵
出版社 福音館書店
発売日 2020年2月7日
本体価格 1,300円
現在では、47都道府県のなかのひとつである沖縄県ですが、昔は「琉球王国」という、王さまが国を治める独立国で、日本とは別の国でした。東南アジアの国々や中国を相手に貿易で大変栄えていました。琉球王国が繁栄した陰には、明が琉球王国を破格に優遇したという事があります。では、なぜ小さな島国に過ぎない琉球王国を、大国明はそんなに優遇したのでしょうか。昔々の沖縄の歴史をたどり、その秘密にせまります。